柴犬換毛期対策ブラシおすすめ3選

柴犬換毛期におすすめのブラシ3選

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

柴犬の換毛期は、春(5〜7月)と秋(9〜11月)の年2回。特に室内で一緒に生活していると、部屋中が愛犬の毛で一杯になってしまうのが悩みのタネですよね。

 

そのような時におすすめしたいのが、専用のブラシです。この記事では、換毛期に効果的なおすすめのブラシを紹介します。手軽に自宅で使えるブラシから、専門的なケアをするためのブラシまで、さまざまなタイプを取り上げます。

 

さらに、柴犬の飼い主として知っておくべきポイントも解説しています。役立つ情報がたくさん詰まっているので、ぜひこのブログを読み進めてください。換毛期の悩みを解決し、快適な生活を楽しみましょう!

 

柴犬の換毛期対策おすすめブラシ3選

愛犬が換毛期に入ると、家のあちこちに毛が散乱してしまうことがよくありますよね。そこで、柴犬の換毛期対策として使えるおすすめのブラシを紹介します。

 

ファーミネーター

 

柴犬の換毛期に最適なブラシです。ファーミネーターは、米国で技術特許を取得したステンレススチールの特殊な歯で、オーバーコートや肌を傷つけることなく、優しくアンダーコートを取り除いてくれます。

 

オーバーコート・アンダーコート
犬は一つの毛穴に数本の毛が生えています。それらの毛は生える方法によって2つのタイプに分けられ、「オーバーコート(上毛・一次毛)」と「アンダーコート(下毛・二次毛)」と呼ばれています。「オーバーコート」は表面に長く伸び、厚みのある毛です。

 

その毛は粗く生えており、主に皮膚が日光や雨、ウイルスや細菌、衝撃から守る役割を果たしています。一方、「アンダーコート」はオーバーコートの下にあり、短く柔らかい毛です。この毛は密集しており、寒さから体を保護し、保温や保湿、防水の役割を果たしています。

 

ファーミネーターを使う方法も簡単です。ワンプッシュボタンを押して、ブラシの歯についた抜け毛を簡単に取り除くことができます。また、人間工学に基づいた設計で作られているため、使いやすくなっています。

 

このファーミネーターは、特に毛の長さが5cm以下の超小型犬に最適ですが、小型・中型・大型・超大型犬にも使用することができます。抜け毛の90%を取り除くことができるので、ペットの抜け毛問題に悩んでいる飼い主さんにとっては素晴らしいアイテムです。

 

ファーミネーターは、アンダーコートのないペット、皮膚炎のあるペット、アレルギー体質のペット、噛み癖のあるペットなどには使用しないようにしましょう。

 

もし使用中に何か異常を感じた場合は、直ちに使用を中止し、獣医師や専門家に相談するようにしてください。また、商品についての詳細な質問や不明点がありましたら、メーカーにお問い合わせください。

 

スリッカーブラシ

ONS
¥1,709 (2024/06/16 22:17:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

スリッカーブラシは、長毛犬種を対象にしたブラシです。トイプードルやマルチーズ、ヨークシャーテリアなどの犬種に最適ですが、柴犬にもオススメです。

 

スリッカーブラシを使用する時は、力を入れすぎないことが重要です。ブラッシング中に犬に痛みを与えてしまうと、ブラッシング嫌いになってしまうことがあります。スリッカーブラシは、触っただけでも犬にとっては痛みを伴うことがあるので、力を抜いて使用することが大切です。

 

また、スリッカーブラシの先端はくの字に曲がっているため、犬のもつれをほどく際には注意が必要です。犬のもつれがブラシに引っかかると痛みを感じるため、手を返すようにしてブラッシングすることをおすすめします。

 

市販されているスリッカーブラシには、ソフトタイプとハードタイプがありますが、基本的にはソフトタイプのブラシを選ぶことをおすすめします。ハードタイプは硬めの作りになっているため、力の調整が難しく、使いにくいためです。

 

最後に、スリッカーブラシは日常的にコームを使用することで、犬の毛をふわふわの状態に保つことができます。毎日のブラッシングにコームを取り入れることで、犬の被毛の健康も守ることができます。

 

ゴムブラシ

 

ゴムブラシは、ゴムの柔らかいブラシの毛が、柴犬の毛にしっかりとフィットし、毛玉や抜け毛をしっかりと取り除いてくれます。また、ゴムブラシは静電気を防止し、柴犬の皮膚を傷つけることなく、快適にブラッシングができます。使い方は簡単で、柴犬の毛並みに優しくブラッシングするだけです。

 

ゴムブラシは、換毛期の柴犬に特におすすめです。換毛期には、柴犬の抜け毛が増えるため、定期的なブラッシングが必要です。ゴムブラシは柔らかい素材なので、敏感な柴犬の肌にも優しいです。

 

これらのブラシをうまく使い分けながら、柴犬の換毛期対策を行うことで、家中の抜け毛を抑えることができます。さらに、ブラッシングの頻度や肌の状態にも注意しましょう。愛犬の健康と快適な生活のために、適切なブラシを選んで換毛期を乗り切りましょう。

 

柴犬の換毛期対策ブラシの使い方と注意点

柴犬の換毛期対策ブラシを使う際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。

 

1つ目のポイントは、肌の状態を確認することです。柴犬の敏感な肌に負担をかけないよう、ブラシを使う前に肌の状態を確認しましょう。
柴犬の肌が赤くなっていたり、かゆがっているような場合には、ブラッシングを控えるべきです。

 

2つ目のポイントは、ブラッシングの頻度に注意することです。換毛期は毛が抜けやすくなる時期なので、毎日のブラッシングが必要ですが、長時間の使用は避けましょう。

 

そうしてあげないと、毛が絡まってしまう可能性があります。犬の大きさや毛の長さに応じて、ブラッシングの回数と時間を調整しましょう。

 

3つ目のポイントは、毛玉を取り除くことです。ブラッシング中に毛玉ができてしまった場合には、優しく取り除きましょう。

 

これら3つのポイントに注意しながら柴犬の換毛期対策ブラシを使うことで、柴犬の健康的な毛づやを保ちながら、抜け毛の問題を軽減することができます。毛が抜けやすい換毛期には、十分なお手入れをしてあげましょう。

 

まとめ

柴犬は短毛犬なのでブラッシングが不要と思われがちですが、柴犬はオーバーコートとアンダーコートの両方を持っているため、ブラッシングをしてあげる必要があります。

 

特に春と秋の換毛期には、毛がたくさん抜けるので、十分なブラッシングをしてあげてください。柴犬は警戒心が強い犬種ですので、子犬の時期からブラッシングをして慣れさせれあげることが重要です。

 

また、ブラシの種類の好き嫌いがありますので、愛犬の様子をよく観察し、その子に合ったブラシ選びをしてあげてください。

 

今回ご紹介した3つのブラシが基本となりますので、ぜひ購入して愛犬のために活用いただければと思います。