【日産X-TRAIL】リセール価格、下取り価格はいくら?

車を買うとは、じつに大きな買い物です。

日産X-TRAILも例に漏れず、コンパクトカーや軽自動車が上位を占める人気車種ランキングの中で、割と高額な部類に入ります。

ですから、人は車を買うときにそれを10年やそれ以上使用する、という感覚で購入することが多いのではないでしょうか。

その一方で、日本における自動車の平均保有年数は7年前後と言われており、年々若干伸びてはいるものの、一般的には10年と経たず手放してしまっている人が大多数であることも事実です。

今回は、X-TRAILを手放すときに関わるお話をしていこうと思います。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】リセール価格はいくら?

車は大きな消耗品です。

ですから、どんな車もいつかは修理や買い替えを迫られるときがやってきます。

そのとき、あなたは次のような選択を迫られることになります。

  • 修理して乗り続ける
  • 現状のまま売却して、次の車に乗り換える

前者は、文字通り修理して今の車を乗り続ける、ということです。

購入から年月が浅く、走行距離もあまり伸びていない状態で、修理して同じ車を乗り続けることが、コスパ(=コストパフォーマンス、費用対効果)上理にかなっている場合にこうした選択をします。

たとえばオイル交換であるとか、タイヤ交換であるとか、買って間もないのにバンパーをこすってしまったなど、車が持っている残存価格と修理費用を比べたときに、前者が圧倒的に大きいような場合もこれにあたります。

一方で、後者の乗換えを検討するような場合においては、修理費が相当額に及ぶようなケースで、かつその修理費が車が持っている残存価格を超えている場合、つまり廃車同然の場合が一つには考えられます。

もう一つは、車検などの点検を機に車の査定を行ったときに、思っていた以上に良い査定額の提示があったときです。

どうしてこのようなことが起こるかというと、

査定士・・・査定額 > あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

という認識が、あなたの感覚の上で起こるために「えっそんなに!?」ということが起こるのです。

「リセール」とは?

こうした車の売却時における価値のことを「リセール(バリュー)」と呼び、

一般に考えるよりも高い水準で買い取られることを「リセールが良い」、逆に購入時からの値落ちが激しいことを「リセールが悪い」と言います。

リセールの良い車は、購入価格-買取価格=費用負担が小さくなり、実際の購入における費用負担が、結果として少なくなります。

一方でリセールの悪いクルマは、購入価格-買取価格=費用負担が大きくなり、同じ購入価格でリセールの良い車に対して、使用期間に対する費用負担がずっと多くなってしまいます。

両者が同じ車なら、結果として「前者の車の方が安かった」ということになります。

長い目で見たときには、リセールのことも考えておくと、あとあと残るお金の額が変わってきそうですね。

何も新車の購入時からリセール(売却価格)のことを考えることはないと思いますが、購入時にどの車にしようか迷ったときには、一つの指標となるのではないでしょうか。

購入価格は同じでも、数年先の費用としての負担額が大きいなら、その車は結果として「高い買い物だった」わけです。

できることなら、リセールの良い車を選びたいですね。

X-TRAILのリセールは良い?悪い?

現行型(T32)X-TRAILは、ガソリンエンジン車であればすでに発売から5年が経過しており、

一方でハイブリッド車についても発売から3年が経過し、それぞれ中古車市場に「良いタマ」が揃っている頃です。

これらの中古車価格が非常に高止まりしており(2018年9月現在)、それに伴う買取・下取価格はそれぞれ相応の価格であると考えられます。

つまり、X-TRAILのリセールは非常にいいと言えます。

特に近年、SUV系の人気を背景に、SUVの中古車価格が全体的に下がらないという現象が起きています。

これは特にSUVを新車で購入し、これから乗り換えようか、とお考えの方には朗報で、こういうときこそ

査定士・・・査定額 > あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

が起こりやすく、まさに「買い替え時」というわけです。

こうしたリセールを見越して、新車は人気の車種・グレードで購入する、という方は少なくありません。

ちょっとした投機のような話ですが、高い買い物ですから、繰り返しにはなりますが、長い目で見たときのことも少し考えておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】下取り価格はいくら?

日産のウェブサイトには、日産車限定ですが、下取り参考価格シミュレーションが用意されています。

下取り参考価格シミュレーション(日産自動車株式会社)

これを利用して、2014年9月登録のT32型X-TRAILの査定額を算出していきましょう。

ちょうど1年後に2回目の車検を控えており、買い替えを検討中とします。

車両は、20X 3列シート車 エマージェンシーブレーキPkg 2WDとします。

これによると、下取り参考価格は「90.5万円~119万円」となりました。(2018年9月現在)

シミュレーション結果(エクストレイル|日産自動車株式会社)

販売店による下取査定としては、上々な金額かと思います。

ここから外装のキズなどの減点や色減点などが加わって実際の金額が算出されますので、実際の金額は80万~100万といったところではないでしょうか。

さて、いかがですか?

あなたの感覚では、もう少し値段が付くような気がしていませんでしたか?

その感覚が

査定士・・・査定額  あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

というわけです。

この場合「売らずに修理したり、車検を通したりして乗り続けようかな・・・」となるわけです。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】買取価格の相場

「下取価格」と「買取価格」の違い

さて、販売店=ディーラーの下取金額が分かったところで、今度は一般の「買取業者」への売却を検討していきましょう。

こうした買取業者の実際の買取金額を集計している「価格.com」で、上記車両の相場を調べて見ました。

価格.com(エクストレイル)

こちらで2014年式のX-TRAIL、エマージェンシーブレーキPkg、2WDの車両の買取相場を調べると、なんと「139万~155万円」とありました。

ただし、この金額には未走行、未登録のいわゆる「新車」が含まれており、たとえば販売店の在庫を買い取ったなどの特殊な事例も含まれていますので、この155万円という金額はなかなか難しいかと思われます。

ただ、それは販売店=ディーラーによる下取査定における「基本価格」と考え方は同じですので、そこから同じだけ減点があったとして、およそ125万円~135万円の買取価格になると予想されます。

正規ディーラーによる下取査定の弱点

これだけでも販売店による下取査定と買取業者による買取査定に差があることが分かるのですが、どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

販売店も販社によってさまざまですので、一概に言えない部分がありますが、販売店=ディーラーが下取する際、

車が非常に状態がよければそのまま自社の持つ「中古車部」において、正規中古車として再販(=中古車として直接消費者に売りに出す)します。

しかし大半はその基準に満たないため、業者向けのオートオークションで売りに出してしまいます。

オートオークションは業者による「セリ」で、当然そのクルマを再販して利益を上げることを目的としていますので、当然価格は市場価格よりも低くなります。

特に正規ディーラーは販売するクルマに厳しい基準があることから、なかなか販売店=ディーラーは儲けの出る直販向けの商品を仕入れられず、再販で利益が上がらない=査定額が伸びない、という構図です。

一方買取業者は、販売にとらわれず多様な車種を買い取り=仕入れて、中古車販売店に卸したり、もちろんオートオークションを利用したり、場合によっては海外へ輸出することもあります。

特に東南アジアを中心とする新興国では、こうした日本からの中古輸入車試乗が大変活発で、日本国内では値段が付かずスクラップになるようなクルマでも、驚くような高値で取引されているケースがあります。

こうした多用な再販網を備えていることから、買い取ったクルマから利益を得る構造が出来上がっており、前述の販売店=ディーラーによる下取査定よりもより有利な条件を提示することができるわけですね。

車を売却するときは、必ず買取業者による「買取査定」を依頼することをオススメします。

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク