【日産X-TRAIL】リセール価格、下取り価格はいくら?

車を買うとは、じつに大きな買い物です。

日産X-TRAILも例に漏れず、コンパクトカーや軽自動車が上位を占める人気車種ランキングの中で、割と高額な部類に入ります。

ですから、人は車を買うときにそれを10年やそれ以上使用する、という感覚で購入することが多いのではないでしょうか。

その一方で、日本における自動車の平均保有年数は7年前後と言われており、年々若干伸びてはいるものの、一般的には10年と経たず手放してしまっている人が大多数であることも事実です。

今回は、X-TRAILを手放すときに関わるお話をしていこうと思います。

【日産X-TRAIL】リセール価格はいくら?

車は大きな消耗品です。

ですから、どんな車もいつかは修理や買い替えを迫られるときがやってきます。

そのとき、あなたは次のような選択を迫られることになります。

  • 修理して乗り続ける
  • 現状のまま売却して、次の車に乗り換える

前者は、文字通り修理して今の車を乗り続ける、ということです。

購入から年月が浅く、走行距離もあまり伸びていない状態で、修理して同じ車を乗り続けることが、コスパ(=コストパフォーマンス、費用対効果)上理にかなっている場合にこうした選択をします。

たとえばオイル交換であるとか、タイヤ交換であるとか、買って間もないのにバンパーをこすってしまったなど、車が持っている残存価格と修理費用を比べたときに、前者が圧倒的に大きいような場合もこれにあたります。

一方で、後者の乗換えを検討するような場合においては、修理費が相当額に及ぶようなケースで、かつその修理費が車が持っている残存価格を超えている場合、つまり廃車同然の場合が一つには考えられます。

もう一つは、車検などの点検を機に車の査定を行ったときに、思っていた以上に良い査定額の提示があったときです。

どうしてこのようなことが起こるかというと、

査定士・・・査定額 > あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

という認識が、あなたの感覚の上で起こるために「えっそんなに!?」ということが起こるのです。

「リセール」とは?

こうした車の売却時における価値のことを「リセール(バリュー)」と呼び、

一般に考えるよりも高い水準で買い取られることを「リセールが良い」、逆に購入時からの値落ちが激しいことを「リセールが悪い」と言います。

リセールの良い車は、購入価格-買取価格=費用負担が小さくなり、実際の購入における費用負担が、結果として少なくなります。

一方でリセールの悪いクルマは、購入価格-買取価格=費用負担が大きくなり、同じ購入価格でリセールの良い車に対して、使用期間に対する費用負担がずっと多くなってしまいます。

両者が同じ車なら、結果として「前者の車の方が安かった」ということになります。

長い目で見たときには、リセールのことも考えておくと、あとあと残るお金の額が変わってきそうですね。

何も新車の購入時からリセール(売却価格)のことを考えることはないと思いますが、購入時にどの車にしようか迷ったときには、一つの指標となるのではないでしょうか。

購入価格は同じでも、数年先の費用としての負担額が大きいなら、その車は結果として「高い買い物だった」わけです。

できることなら、リセールの良い車を選びたいですね。

X-TRAILのリセールは良い?悪い?

現行型(T32)X-TRAILは、ガソリンエンジン車であればすでに発売から5年が経過しており、

一方でハイブリッド車についても発売から3年が経過し、それぞれ中古車市場に「良いタマ」が揃っている頃です。

これらの中古車価格が非常に高止まりしており(2018年9月現在)、それに伴う買取・下取価格はそれぞれ相応の価格であると考えられます。

つまり、X-TRAILのリセールは非常にいいと言えます。

特に近年、SUV系の人気を背景に、SUVの中古車価格が全体的に下がらないという現象が起きています。

これは特にSUVを新車で購入し、これから乗り換えようか、とお考えの方には朗報で、こういうときこそ

査定士・・・査定額 > あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

が起こりやすく、まさに「買い替え時」というわけです。

こうしたリセールを見越して、新車は人気の車種・グレードで購入する、という方は少なくありません。

ちょっとした投機のような話ですが、高い買い物ですから、繰り返しにはなりますが、長い目で見たときのことも少し考えておくと良いでしょう。

 

【日産X-TRAIL】下取り価格はいくら?

日産のウェブサイトには、日産車限定ですが、下取り参考価格シミュレーションが用意されています。

下取り参考価格シミュレーション(日産自動車株式会社)

これを利用して、2014年9月登録のT32型X-TRAILの査定額を算出していきましょう。

ちょうど1年後に2回目の車検を控えており、買い替えを検討中とします。

車両は、20X 3列シート車 エマージェンシーブレーキPkg 2WDとします。

これによると、下取り参考価格は「90.5万円~119万円」となりました。(2018年9月現在)

シミュレーション結果(エクストレイル|日産自動車株式会社)

販売店による下取査定としては、上々な金額かと思います。

ここから外装のキズなどの減点や色減点などが加わって実際の金額が算出されますので、実際の金額は80万~100万といったところではないでしょうか。

さて、いかがですか?

あなたの感覚では、もう少し値段が付くような気がしていませんでしたか?

その感覚が

査定士・・・査定額  あなた・・・(購入金額-あなたの感じているクルマの使用分)

というわけです。

この場合「売らずに修理したり、車検を通したりして乗り続けようかな・・・」となるわけです。

【日産X-TRAIL】買取価格の相場

「下取価格」と「買取価格」の違い

さて、販売店=ディーラーの下取金額が分かったところで、今度は一般の「買取業者」への売却を検討していきましょう。

こうした買取業者の実際の買取金額を集計している「価格.com」で、上記車両の相場を調べて見ました。

価格.com(エクストレイル)

こちらで2014年式のX-TRAIL、エマージェンシーブレーキPkg、2WDの車両の買取相場を調べると、なんと「139万~155万円」とありました。

ただし、この金額には未走行、未登録のいわゆる「新車」が含まれており、たとえば販売店の在庫を買い取ったなどの特殊な事例も含まれていますので、この155万円という金額はなかなか難しいかと思われます。

ただ、それは販売店=ディーラーによる下取査定における「基本価格」と考え方は同じですので、そこから同じだけ減点があったとして、およそ125万円~135万円の買取価格になると予想されます。

正規ディーラーによる下取査定の弱点

これだけでも販売店による下取査定と買取業者による買取査定に差があることが分かるのですが、どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

販売店も販社によってさまざまですので、一概に言えない部分がありますが、販売店=ディーラーが下取する際、

車が非常に状態がよければそのまま自社の持つ「中古車部」において、正規中古車として再販(=中古車として直接消費者に売りに出す)します。

しかし大半はその基準に満たないため、業者向けのオートオークションで売りに出してしまいます。

オートオークションは業者による「セリ」で、当然そのクルマを再販して利益を上げることを目的としていますので、当然価格は市場価格よりも低くなります。

特に正規ディーラーは販売するクルマに厳しい基準があることから、なかなか販売店=ディーラーは儲けの出る直販向けの商品を仕入れられず、再販で利益が上がらない=査定額が伸びない、という構図です。

一方買取業者は、販売にとらわれず多様な車種を買い取り=仕入れて、中古車販売店に卸したり、もちろんオートオークションを利用したり、場合によっては海外へ輸出することもあります。

特に東南アジアを中心とする新興国では、こうした日本からの中古輸入車試乗が大変活発で、日本国内では値段が付かずスクラップになるようなクルマでも、驚くような高値で取引されているケースがあります。

こうした多用な再販網を備えていることから、買い取ったクルマから利益を得る構造が出来上がっており、前述の販売店=ディーラーによる下取査定よりもより有利な条件を提示することができるわけですね。

車を売却するときは、必ず買取業者による「買取査定」を依頼することをオススメします。

【日産X-TRAIL】新型・旧型・年式による違い

日産X-TRAILは、2000年に初代が登場してから実に18年もの歴史を誇る、日産という自動車メーカーを代表するミドルサイズSUVです。

ミドルサイズSUVとしてちょうどいいサイズと扱いやすさで親しまれた初代T30型

初代をそのまま正常進化させ、あらゆる装備を現代版にアップデートした2代目T31型

類まれな走破性はそのままに、外観を始めとするすべてのデザインを一新し、プロパイロットを始めとする先進安全技術を惜しみなく投入された現行型T32型

これらすべての世代において、日産X-TRAILは常に国産ミドルサイズSUVを牽引する存在となっています。

そんな日産X-TRAILの過去・現在を、装備等を比較しながら、紐解いていきましょう。

【日産X-TRAIL】現行新型の特徴

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

車体技術が向上した

現行(T32型)X-TRAILは、それまでのSUV然とした無骨ないでたちからはガラリとイメージを変え、よりスタイリッシュさを増したクロスオーバーSUVとして登場しました。

年々厳しくなる排ガス規制に対応するべく、新たに開発された高効率ガソリンエンジンMR20DDを搭載。

さらに、新開発のハイブリッドシステムを採用することでハードルの高い排ガス規制を次々クリアし、エコカー減税を勝ち取るまでにいたりました。

そして、4WD車については4輪駆動のシステムを改良

今までのオールモード4×4から「インテリジェント4×4」へと進化させ、悪路走破性をいっそう高めています

また、これに関わるVDC(横滑り防止装置)も改良されています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

そしてさらに、上記図のように「ヨーモーメントコントロール」も搭載されています。

これは、ステアリングの操作量を検知する「舵角センサー」、クルマの旋回(曲がること)状態を判断する「ヨーレートセンサー」および「Gセンサー」からの情報をクルマが瞬時に判断し、滑って曲がりにくくなった車を、運転手の想定ラインに戻す役割を果たします。

その他には、以下のような電子制御デバイスがふんだんに盛り込まれました。

  • 「インテリジェントライドコントロール」
    車体のゆれを予測し、エンジンとブレーキをクルマ側で制御することで車体のゆれを低減。
  • 「インテリジェントエンジンブレーキ」
    カーブにおいて車側で適切にエンジンブレーキを発生させ、車を曲がりやすくしてくれる。
  • 「インテリジェントトレースコントロール」
    カーブを曲がるときに4つそれぞれのブレーキを独立して制御することで思ったとおりに走る。

2013年の発売当初としては世界初となる技術でした。

さすが技術の日産というところですね。

日産X-TRAILは、車そのものが「走る・曲がる・止まる」が高度に考えられて設計されています。

先進安全装備が搭載された

こうした安全な車を、さらに高いレベルの安全性へ引き上げるべく、日産X-TRAILには先進安全装備が備えられています。

その一つが、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/safe.html

フロントに搭載された単眼カメラで前車と車線を認識し、運転手の指示速度以内で前車への追従走行を行い、

高速道路の走行、渋滞走行といった単調な運転操作における事故のリスクを低減してくれます。

また、運転手のブレーキなどの回避操作がない場合にクルマが緊急ブレーキをかける「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」

さらに四方に巡らされたカメラによって、上空から見下ろしているかのような映像を映し出す「インテリジェントアラウンドビューモニター」により、いっそう安全性が高められています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/safe.html

そして駐車時には、駐車枠を指定するだけでクルマが自動で駐車してくれる「インテリジェントパーキングアシスト」も装備され、

一部高級車でしか装備されなかった先進技術を、こうしたファミリーユースのクルマに持ち込んできています。

これらの電子デバイスを駆使した先進安全装備を、日産では「オールアラウンドセーフティ」と呼んでおり、他の自動車メーカーとは一線を画す充実ぶりを見せています。

技術面でもこれだけの特徴があり、先代とは比べ物にならないほどの高性能を獲得しています。

まさに現行型X-TRAILは「未来を見据えたクルマ」といえるでしょう。

ライバル不在の完璧なパッケージング

使い勝手の面でも充実が図られていますが、パッケージとしてユニークなのは、20Xのグレードにおいて、ミドルサイズSUVでは少数派の3列シートをオプションで用意していることですね。

特に近年人気の高まりを見せるミドルサイズSUV市場ですが、3列シートを用意する日産X-TRAILは、多人数乗りミニバンユーザーからの乗換えを多く獲得することに成功しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

インテリアについては、初代から変わらないタフな防水・防汚加工の施された強化素材であるのはもちろんのこと、長時間運転しても疲れない、背もたれに中折れ構造を組み込んだ「ゼログラビティシート(スパイナルサポート付きシート)」を全席に採用しています。

また2列目のリクライニング量はクラス随一で、20Xについては大幅にスライドし、なおかつ4:2:4の3分割タイプとなっており、車内の使い勝手は従来モデルの比ではありません。

こうして考え抜かれたパッケージングこそが、日産 X-TRAILの最大の強みなのです。

【日産X-TRAIL】旧型の紹介

初代 T30型

引用:https://b-cles.jp/car/meisha/nissan_x-trail_1st.html

2000年11月より発売開始された初代(T30型)X-TRAIL。

故障の少ないタフな作りのためか、未だに街中でその姿を見かけることがありますね。

初代は現行と同排気量の2000ccエンジンのほか、日産自慢のターボエンジンである2000ccターボのSR20エンジンを搭載したモデルも用意されていました。

また、官公庁向けに燃料電池車である「X-TRAIL FCV」も用意されていました。

日産 X-TRAILは、初代から環境配慮型のモデルを用意していたんですね。

日産 X-TRAIL:T30型、2000年~2007年(日産自動車株式会社)

2代目 T31型

引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/exterior.html

見た目はキープコンセプトながら各部を一新した2代目(T31型)X-TRAIL。

パワーユニットは2000ccガソリンエンジンのほか、大排気量の2500ccが用意されましたが、ターボモデルについては環境基準に適合しないことから廃止されました。

この世代から4WDシステムの呼称が「オールモード4×4-i」となり、初代で印象的だったセンターメーターも運転席側に移され、軽量な樹脂製フェンダーは金属製へと変更されています。

また発売翌年の2008年9月には、現在のマツダに先立ちディーゼルエンジンを搭載した「クリーンディーゼル」モデルである「20GT」が追加されました。

非常にパワフルであることのほか、環境基準に適合し各種税金が免税されるなど、いわゆる現代のエコカーの先駆けともなりました。

日産 X-TRAIL:T31型、2007年~2013年(日産自動車株式会社)

【日産X-TRAIL】年式別比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

T32型・前期型(2013年~2016年)

前期型のモデルの遷移を一覧にしておきました。

特別仕様車など発売のタイミングが分かりにくいものもこれで分かるかと思います。

2013年
12月
発売
2014年
12月
オーテック特装車「20X ブラックエクストリーマーX」発表
2015年
4月
ハイブリッドモデル追加
2015年
7月
オーテック特装車「モード・プレミア」発表
2015年
12月
マイナーチェンジによる仕様向上、特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキPkg」発売
2016年
8月
オーテックジャパンの創立30周年を記念した特別仕様車「モード・プレミア AUTECH 30th Anniversary」を発売
2016年
11月
特別仕様車「20Xtt エマージェンシーブレーキPkg」を発売

T32型・後期型(2017年~現在)

現行型X-TRAILから「プロパイロット」や性能が格段に向上した自動ブレーキである「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、

「インテリジェントパーキングアシスト」の性能強化、

新たにMOD(動体検知機能)の追加された「インテリジェントアラウンドビューモニター」など、

前期型に比べて先進安全装備が格段に進化・強化されています。

特に自動ブレーキについては、供給元であるモービル・アイ社の新型カメラを導入しており、障害物の認識における性能が格段に向上。

これまでのあまり役に立たない自動ブレーキから、ちゃんと「止まれる」自動ブレーキへと進化を遂げています。

日産 X-TRAILを購入するにあたって、これらの予防安全性能を重視する場合は、この後期型以外に選択肢はないといっても過言ではないでしょう。

2017年
6月
マイナーチェンジによる仕様向上、グレード名を「20S」「20X」「20S HYBRID」「20X HYBRID」に変更
2017年
12月
特別仕様車「20Xi」「20Xi HYBRID」追加

 

【日産X-TRAIL】中古車相場、新古車は狙い目か?

車を買うなら絶対新車!という人もいますが、私の場合はお財布事情からどうしても迷ってしまいます。

新車はちょっと高いし、少し古い中古ってどうなんだろう?

今回は、イマドキの型落ちX-TRAIL事情を掘り下げていきます!

【日産X-TRAIL】中古車の型落ちはどこまでが許容範囲か?

X-TRAILもそうなんですが、やはり新型車というのはすごいですね。

先進の安全装備に、最新のトレンドを押さえたスタイリッシュなデザイン、先端技術であるAIを駆使した電子制御デバイスの数々・・・。

そういった最新技術満載の車ですから、やはりお値段もそれなりにします。

X-TRAILの手ごろな中古車を狙うのも手ですが、旧型は装備の古さが心配です。

また、見た目で明らかに中古車と分かるのも、なんだか微妙ですよね。

現行型の発売開始が2013年12月ですから、この記事の執筆時現在(2018年8月)でいえば、今年末にもその時期の車両が2回目の車検を迎えるころです。

日産の「残クレ」などの仕組みから、そろそろ代替を検討していたり、すでに代替してしまっていたりして、

ガソリンモデルならば5年落ち未満の優良物件がそこそこ出回り始めているころだと考えられます。

※「残クレ」については以下の関連記事を参照ください。

[kanren postid = “42”]

またハイブリッドモデルは2015年4月発売ということで、ハイブリッド狙いの方は初回車検を迎える前後の程度良好な車を見つけられるかもしれません。

いずれにしても現行型(3代目、T32型)も、すでに中古車として狙える時期であるということです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/nismo.html

これは同時に現行型がそれなりにモデルライフが長くなっていることの証でもあり、つまりフルモデルチェンジがそう遠くないということです。

せっかく高いお金を払って最新型を買ったつもりが、その少しあとに「フルモデルチェンジしました」なんてことになったら目も当てられませんよね・・・。

そういったリスクを考えると、現行型の購入にあたっては、かならずしも新車である必要があるかは、検討の余地がありそうです。

モデルライフが長くなっているいまだからこそ、中古車の価値が高まるわけですね。

【日産X-TRAIL】中古相場はいくら?

引用:https://response.jp/article/2016/02/09/269498.html

「価格.COM」さんの中古車相場情報を参考に、X-TRAILの相場を見ていきましょう。

先ほど少しお話した2013年12月発売開始のT32型を見ていくと、181万円~190万円台がボリュームゾーンとなっています。

新車の車両価格を考えると、多少の年式の古さはあっても、走行距離次第では十分検討の余地がありそうです。

ハイブリッドモデルが追加された2015年式以降を見ていくと、210万円台以上がボリュームゾーンということで、新車価格との比較でいくと少々お得感が薄れます。

やはりX-TRAILは大人気モデルですから、中古車といえどなかなか価格が落ちませんね。

逆に言えばそれだけ高く買い取りされてきたということで、次の乗り換えまでを考えると、

今度は自分が売却するときに高く買い取ってもらえる可能性があり、とてもコスパが高いとも言えます。

最近のSUVモデル全般に言えることなのですが、こういった人気ジャンルの車は中古車市場が高騰しています。

この人気が続いているうちは買い取り相場も高止まり状態が続きますので、購入時に高くても、乗り換え時に高く買い取ってもらえれば、結局高い買い物ではないんですよね。

そういった理由から、車の購入は「人気モデルを選ぶ」ようにしましょう。

  • 人気のジャンル
  • 人気のモデル
  • 人気のグレード
  • 人気のオプション
  • 人気のボディカラー

これらを一通り押さえていると、多少購入金額が張ったって、購入時の予算さえ確保できればどうということはありません。

売れ筋はディーラーや販売店も把握していて、新車にせよ中古車にせよある程度在庫を抱えて商売をしていますから、当然値引きについても期待できるんですよね。

また、噂によるとX-TRAILの新車は九州の販売店がいちばん値引きするそうです。

X-TRAILの製造工場が北九州・苅田にあるためで、本州に比べて輸送コストが掛からないぶんお安く提供できる、という話だそうです。

この記事をごらんの九州近県の皆様、下手な高年式中古より新車がお得かも知れませんよ。

【日産X-TRAIL】新古車(未使用車)相場

中古を選ぶのはなんだか気が引けるし、かといって九州の日産ディーラーと付き合いもないし・・・

でもなんとか希望のX-TRAILをお得に乗りたい!という方。

ここはひとつ「新古車」を選ぶ、というのが良いかも知れません。

[aside type=”normal”]新古車とは

新車同様に未使用の車のこと。
現在は「未使用車」と呼ばれて販売されています。[/aside]

どうしてナンバーが付いているのに使われなかったのか?

その車が売られた背景はさまざまで、購入後に本当に使わなく(使えなく)なったとか、そういう特殊な事情が絡むことがほとんどです。

最も多いのは、ディーラーとメーカーとの協約台数クリアのためにディーラー名義で登録し、そのまま中古市場に流された「未使用車」ですね。

売れ残ってしまったもので、ボディカラーやグレードが固定されていますが、その実は新車同様というわけです。

具体的な相場としては、新車の車両本体価格とほぼ同等と考えて差し支えありません。

なお、新古車のメリット・デメリットは以下のとおり

メリット

  • 登録時の重量税や当年分の自動車税の負担が無い
  • 登録に当たっての諸経費が新車より安上がり
  • 名義変更などを考えても1週間~10日ほどで納車できる
    (新車の場合は最低でも2~3週間かかる)

デメリット

  • 登録から時間が経過している分、車検の残り期間が短い
  • サンバイザーやナビゲーションなどのディーラーオプションが未装着であることが多い

これらのメリット・デメリットをよく考えて、見た目の金額だけにとらわれず、あなたに最適のX-TRAILを選んでください。