【日産X-TRAIL】エコカー減税・自動車税について

巷の噂では、2019年10月に消費税が10%に上がるそうですね。

それと同時に自動車取得税を無くすとか無くさないとか、エコカー減税が終わるとか終わらないとか・・・

とにかく自動車界隈における税金の噂は絶えることがありません。

それだけ自動車に関わる税金が気になっている人が多いということ。

ではなぜ、こんなにも自動車に関わる税金が気になるのでしょう?

そうです、とにかく税金が高いからです。

今回は、車にかかる税金について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】エコカー減税は適用されるのか?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

車を新車で購入したことはありますか?

見積もりを取ってみると、なにやら細々とした数字の並ぶ「諸費用」という欄があることに気づきます。

よくよく見てみると、

  • 自動車税○○○円
  • 自動車取得税○○○円
  • 自動車重量税○○○円
  • 自賠責○○○円

・・・という具合で並んでいて「どんだけ税金取んねんっ!」ってなりますよね。

さらに、

  • 手続代行費
  • 印紙代
  • 標板代

・・・いったい何にお金を取られているのか、一見すると分からないものばかりです。

諸費用の内訳については、地域で運用されている登録システム(OSSの導入・未導入など)や販売店の裁量(納車費用、点検プランなど)によってまちまちなので一概に言えない部分もあります。

あまりに不明瞭な場合は、気兼ねせずに営業担当者さんに聞くようにしましょう。

しかし「自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」については、販売店によって基準や金額が異なることはありません。

ただし、これらの税金は同じ販売店の中にあっても、選ぶ車種やグレードが満たす基準によって実に様々に変化します。

その基準は、排気量であったり、車両価格であったり、重量区分によるものであったりします。

そしてさらに、これらの税金を大きく増減させる要因として「環境対応車普及促進税制(=エコカー減税)」があり、さらに自動車税については別個に「グリーン税制」が適用される車種が存在します。

こうした「エコロジー(=環境対応)」であることを要件に適用される減税があり、じつは日産X-TRAILにも一部こうしたエコカー減税の対象となるグレードがあります。

日産X-TRAILのエコカー減税対象車

  • 20S HYBRID
  • 20X HYBRID
  • 20Xi HYBRID

そして、それぞれ、

自動車取得税が60%減税(2019年3月31日登録まで)

自動車重量税が75%減税2019年4月30日登録まで)

・・・ずっと減税されるわけではないんですね。

実際の金額を見ていくと・・・

  取得税 重量税

20Xi
2WD

70,080円 22,500円
20Xi
HYBRID 2WD
30,700円 7,500円

ガソリンモデルとハイブリッドモデルのそれぞれベストバイグレード同士で、

メーカーオプションなしの状態で、取得税で47,580円差、重量税で15,000円差、

合計で62,580円もの差があります。

これだけ減税額の差があると、たとえ両グレード間の車両本体価格差が267,840円であったとしても、減税分によって約20万円にまで縮小されます。

さらに、次回買い替え時のリセールバリューに差があることも加味すると、

エコカー減税のある平成30年度内における日産X-TRAILの購入は、ガソリンモデルよりもハイブリッドモデルが圧倒的に優位ということになります。

また、20Xi HYBRID 2WDというグレードを単体で評価した場合、今年度中に終了する見込みのエコカー減税の有り・無しにおける差も見逃せません。

現行のエコカー減税が単純に無くなったと仮定した場合、20Xi HYBRID 2WDの自動車取得税は76,700円、自動車重量税は30,000円ですから、その差は68,500円です。

さらに次の項目でも説明しますが、

翌年のグリーン税制によって自動車税が19,500円減税されますので、それを加算するとじつに88,000円もの差が出ます

こうして見ても、年度内に「買い」なのは明らかにハイブリッドモデルですね。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】自動車税はいくらかかる?

自動車取得税、自動車重量税については、日産X-TRAILのハイブリッドモデルであれば減税の対象となっていることが分かりました。

では、自動車税についてはどうなのでしょうか。

自動車税は主に排気量によってその税額が決定されます。

日産X-TRAILの場合「2000cc以下」の区分が適用されるので、年税額は39,500円となります。

しかし、ハイブリッドモデルであっても自動車税についての減税はなく、購入時には登録月からその年度末までの負担分が月割りで掛かります。

4月登録であれば、丸々12か月分の39,500円が自動車税として計上されます。

一方、3月登録であれば見積もりに自動車税は計上されませんが、その翌年度には39,500円の自動車税納付書が送られてきますので結局は同じことですね。

ちなみにライバルであるスバルフォレスターのガソリン車全般や、

マツダCX-5の25S、25S PROACTIVE、25S L Packageは、排気量2500cc以下の区分のため年税額は45,000円です。

この段階では減税の恩恵は受けませんが、自動車税について重要なのは購入年度の翌年度における自動車税についてです。

日産X-TRAILの自動車税年税額は39,500円ですが、上記で述べたように、

ハイブリッドモデルについてはグリーン税制対象車のため、購入年度の翌年度の税額について19,500円の軽減措置を受けられ、実質負担額は20,000円となります。

ただし、この軽減措置は新車購入年度の翌年度の1回のみとなっており、またこれが適用されるのは2019年3月31日登録の新車までとなっている点に注意が必要です。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】費用はどのくらいかかる?

ここまで自動車に掛かる税金について細かく見ていきました。

ここからはいわゆる「諸費用」について分析していきたいと思います。

グレードは上記でも取り扱ったガソリンエンジン車のベストバイグレードである20Xiを選択し、

メーカーオプションとしてルーフレールを、また有料ボディカラーであるブリリアントホワイトパールを選択した車両をベースに見ていきます。

この時点での税込み車両本体価格は2,900,880円です。

ディーラーオプションとしてプラスチックバイザー、ナンバープレートリム、フロアカーペット、ナビレコお買い得パック、コーティングを選択し、用品金額が税込みで477,749円とします。

自動車取得税の課税対象ベースは3,378,629円となりました。

この車両に掛かる税金および保険料は、

  • 自動車税 23,000円
  • 自動車重量税 22,500円
  • 自動車取得税 72,500円
  • 自動車賠償責任保険(=自賠責) 36,780円

上記合計額は154,780円となります。

次に販売諸費用のうち課税対象となるもの=販売店による手数料(一例)は、

  • 検査登録手続代行費 21,924円
  • 車庫証明手続代行費用 19,440円
  • 納車費用 7,560円
  • 下取車手続代行費用(下取車の名義が本人以外の場合) 10,476円
  • 希望ナンバー申込手続代行料 1,620円
  • GP保証(ディーラー保証) 16,000円
  • 査定料(下取有りの場合) 7,020円

消費税課税後の合計が84,040円となります。

ここはいわゆる販売店の「うまみ」の部分です。

そして販売諸費用のうち非課税のもの(法定費用など)として、

  • 検査登録手続預かり法定費用 5,900円
  • 車庫証明手続預かり法定費用 2,750円
  • 下取車諸手続預かり法定費用(不明です)350円
  • 印紙税(注文書上の外注作業や前受けが10,000円以上ある場合)200円
  • ロードサービス関連費用(=JAF入会費・1年)6,000円
  • メンテプロパック54シャケンL(=初回車検付きメンテパック)79,300円
  • 販売車両リサイクル料金 10,410円

上記合計額は104,910円となります。

これら税金・諸費用の合計額は343,730円にものぼり、

先ほどの減税となっている金額がもし加算されるとしたら、実に40万円以上もの諸費用金額となるのです。

さて、車両価格が先ほど3,378,629円と算出されたので、これに諸費用の343,730円を足すと、3,722,359円となります。

これが日産X-TRAILのベストバイグレードである20Xiのわりとよくある値引き前の金額で、

ここから値引きによって360万だとか350万だとかいう金額に落ち着いていくわけです。

販売店によって諸費用の内訳はまちまちで、今回の金額はあくまで一例です。

しかし実例でもありますので、リアルな数字として参考にしていただけるものと思います。

費用をしっかり分析して、あなたが納得できる形で日産X-TRAILを手に入れてください♪

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク