【日産X-TRAIL】安全性、自動ブレーキ・横滑り防止機能

車に乗る以上「安全」が最重要ということは言うまでもありません。

イザというときの「自動ブレーキ」、凍結した道路などでの「横滑り防止機能」など、最新技術に期待することは大きいですよね。

また、運転のしやすさなども「安全」という観点から非常に重要です。

今回は「安全性」をテーマに日産X-TRAILを見ていきましょう。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】運転しやすい?運転しにくい?

日産X-TRAIL(エクストレイル)は、車高が高く、窓も大きいため、運転席からの眺めがとても良く大変運転しやすいです。

視界の良さから必要以上に車を大きく感じることもなく、ひとたび走り出せばパワフルなエンジンが気持ちよく加速してくれて、

流れの速い道路でも合流や追越などの場面でもたつくことなどまずありません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

運転のしやすさは試乗してみるのが一番ですので、ぜひ試乗してみてください。

車として備えておくべき性能をしっかりと押さえているので「運転しやすい!楽しい!」と感じられるはずです。

それと次の項目でも触れますが、運転しやすいクルマは同時に安全な車でもあります。

運転しにくい=運転そのものに気を取られるようでは、周囲への注意・気配りなどとてもできませんからね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】安全性を高める自動ブレーキ

さて、そんな完璧なパッケージングと思われるX-TRAILにも実は弱点があります。

それは「人間が運転している」ということです。

人間が運転しているかぎり避けられないのが「よそ見・わき見・見落とし・うっかり」といった、不注意や不可抗力による事故のリスクです。

日産の提供する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」をはじめとする各社の自動ブレーキに対する取り組みは、

こういったリスクを極力減らし、交通事故という不幸から私たちを遠ざけてくれる、実に社会的意義のあるムーブメントです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/safe.html

自動ブレーキは、単眼カメラやレーザーレーダーなどを用いたセンサー類で前方の車両や障害物を検知・認識し、

衝突回避・被害軽減のため運転手の操作・承認を待たずブレーキを作動させる装置です。

「技術の日産」の安全への取り組みがようやく形になったと言えます。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】横滑り防止機能

突然の大雨や積雪、凍結など、悪路に対する備えは万全です。

たとえばブレーキング時においては、乗っている人数に応じて4つの車輪に対するブレーキの効き具合をコントロールする「EBD」

急な操作でタイヤの性能を超える動きがあっても、車の走行ラインを崩さず、しっかりとしたハンドル操作で回避行動が取れる「ビークルダイナミクスコントロール=VDC」

どんなに自動ブレーキが優秀でも、最後にハンドルを握るのは人間です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

とっさのハンドル操作が明暗を分けるようなシビアな場面において、思ったとおりに車が動いてくれるというのはとても大切なこと。

このような安全面の技術を疎かにしているような自動車メーカーの車は信用できませんよね。

X-TRAILの安全性能に助けられたという声はたくさんあります。

冬のシーズンになるとスノーボードで雪山へ行くのですが、行く際中に起こった出来事です。

高速道路に雪が積もっていて、エクストレイルの性能と自分の運転への自信を胸に運転をしていました。

トンネル入口手前で足が雪に取られ、後輪が横に振れ、危うく事故かと思った時!

横滑り防止装置に助けられました!

初めて性能を体験しましが、凄い勢いで横滑りを修正してくれます!

頼もしい相棒です♪

でも、一番は安全運転で事故を未然に防ぐ事だと相棒に教えられた気がします。

横滑り防止装置-エクストレイルの評価・評判・口コミレビュー|ユーザーボイスより引用

どこかの自動車メーカーが、とても良いキャッチコピーを出していました。

「クルマは、人生を乗せるものだから。」

安全に取り組む姿勢を崩さない日産X-TRAILがますます欲しくなります!

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク