【日産X-TRAIL】不具合はあるの?リコール情報の紹介

自動車メーカー各社からさまざまなSUV車がデビューするなか、レジャー好きのハートを射止めた「初代日産X-TRAIL」が発売されたのが2000年。

その後2007年には2代目X-TRAILが、そして現行の3代目が2013年に登場。

価格は2,197,800円~の購入が可能で、SUV車の中ではごく平均的な値段設定。

価格においてはあまり悩む必要はなさそうですが、やはり購入を検討するにあたって気になるのが、X-TRAILの不具合やリコール情報ですよね。

そこで今回は日産X-TRAILの不具合やリコール情報について調べてみました。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】不具合情報

初代や2代目と比べるとエンジン性能、走行性能は格段に向上しましたが、その反面故障や不具合なども多く見受けられるようです。

主な不具合とその原因としては・・・

  1. 【不具合】エンジンの回転数が上がらない。
    【原因】エンジンに高負荷がかかり、熱によって断線してしまうことが原因。
  2. 【不具合】アイドリングが不安定になる。(主にディーゼルエンジン車)
    【原因】ガソリン燃焼で生じた不純物が蓄積されることが原因。
  3. 【不具合】エアコンの不具合
    【原因】年月を経ることでエアコンのコンプレッサーが焼き付いてしまうことが原因。

これらの不具合はどんな車でも年月を経ることで生じるもので仕方のないことですが、次はリコールにまで発展したケースについての情報です。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】リコール情報

ABSおよびVDCの異常

【リコール内容】

ABSアクチュエータにおいて、ギヤポンプ内部のオイルシール成形時の温度管理が不適切なためオイルシールの硬度が低くなり、

その結果オイルシールにブレーキ液が浸透してシール性能が低下。

ブレーキ液がアクチュエータ内部に漏れ、電気基板に浸入すると、その場合システム異常となり、ABSおよびVDC警告灯が点灯して機能が停止

最悪の場合、電気回路がショートして火災に至る可能性が高まる。

【ABS】
ABSとは、アンチロック・ブレーキシステム(Anti-lock Brake-System)の略称で、急ブレーキをかけた時などにタイヤがロック(回転が止まること)するのを防ぐことにより、車両の進行方向の安定性を保ち、また、ハンドル操作で障害物を回避できる可能性を高める装置です。

国土交通省:ABSの働きとその効果より引用

【VDC】
VDCとは、ビークルダイナミクスコントロール(Vehicle Dynamics Control)の略称で、車が横滑りしそうになった時、すぐにセンサーが感知して、車を安定した姿勢に戻す装置です。

【改善内容】
ABSアクチュエータの製造番号を確認のうえ良品と交換。

対象車両

型式:DAA-HNT32
車台番号:HNT32-100029~HNT32-116113
対象車の台数:15,549台

型式:DAA-HT32
車台番号:HT32-100101~HT32-103535
対象車の台数:2,569台

バックドアのガス封入式ステー腐食

【リコール内容】

バックドアのガス封入式ステーにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、早期に腐食するものがあります。

そのままの状態で使用を続けると腐食が進行し、封入されたガスにより外筒が破損して、当該ステーが車体の外に飛び出す、

または、バックドアを開く際に当該ステーが破損し、周囲の人が負傷するおそれがあります。

ちなみに「バックドアのガス封入式ステー腐食」はX-TRAILだけでなく、セレナ、ウイングロード他、計7車種で共通しているリコールです。

【改善内容】
当該ガス封入式ステーを対策品と交換。

対象車両

型式:DBA-NT32
車台番号:NT32-000001~NT32-533957
対象車の台数:63,124台

型式:DBA-T32
車台番号:T32-000012~T32-508997
対象車の台数:16,491台

型式:DAA-HNT32
車台番号:HNT32-100117~HNT32-118505
対象車の台数:12,416台

型式:DAA-HT32
車台番号:HT32-100112~HT32-103961
対象車の台数:2,481台

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】不具合・リコール情報まとめ

さまざまな車がリコールを受ける中で日産X-TRAILのリコール件数も散見されます。

人気の車であるため、市場に出回る数が多く、それに比例して絶対数が多くなりリコールされる台数が多くなるということもあるのでしょう。

購入を検討されている人にとっては非常に気になることですが、日産X-TRAILにおいては不具合、リコール共に少ないとの印象です。

自分の乗っている車が誤作動で事故・・・なんてことにならないように、少しでも異常を感じた際には買い求めたディーラーなどできちんと処置を受けることをお忘れなく。

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク