【日産X-TRAIL】色見本と人気カラーの紹介

自動車を購入する際に何色にするか迷うのも楽しみの一つですよね。

今回は日産X-TRAILのカラーの特徴、人気カラーをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】色見本

日産X-TRAILで用意されているカラーは全部で12種類。

そのうち6色がマイナーチェンジで新しく設定された新色です。

では順番に見ていきましょう。

プレミアムコロナオレンジパールメタリック(PM)

まずはマイナーチェンジで新たに加わった新色です。

とても明るい印象を与えるビタミンカラーのオレンジは元気で活発なイメージ。

色の特徴としてはアクティブでスポーティな色で、とても濃い色をしています。

街中ではとても目立ちやすく、光に当たると眩しいくらいに明るいオレンジ色をしています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ガーネットレッド(CP)

こちらのカラーもマイナーチェンジで加わった新色です。

とても強い陰影感を持っていて、上品な輝きを持った赤色です。

パール塗装が施されているため、陰になる部分は深みのある深紅になり妖しげな赤色を醸し出しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

オリーブグリーン(TM)

こちらの色は蛍光色が強いイエローっぽいグリーンです。

他のカラーに比べて珍しい色をしています。

蛍光色のため晴れた日にとても映えるのが特徴です。

個性を重視する方にピッタリのカラーですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ギャラクシーゴールド(TM)

このギャラクシーゴールドの特徴は明るすぎないゴールドで、高級感のある落ち着いた色をしています。

ゴールドだと派手すぎると敬遠されがちですが、ギャラクシーゴールドなら派手すぎず、
ちょうどいい色合いなので、挑戦するにはハードルが低いかもしれません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

インペリアルアンバー(P)

印象としては赤身の強い深い色をしたブラウンのようなカラーで、こちらも新色です。

深い色合いをしているので、高級感、モダンな感じが感じられます。

落ち着いた印象で男性でも女性でも乗っていて違和感のないオシャレな雰囲気を演出しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

シャイニングブルー(PM)

こちらは名前の通り光沢感が強い、爽やかなブルーです。

マイナーチェンジ後の新色で、通常のブルーと違い、光が当たるとまるで夏の海のような色合いをしています。

マリンスポーツなどのアウトドアが似合うX-TRAILにピッタリな色です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ブリリアントホワイトパール(3P)

不動の人気を誇るホワイト。
しかしこのホワイトも新たに加わった新色で、パール系の輝きを纏ったカラーになっています。

パール色の特徴として陰影感が強くなるため、引き締まった印象を与えます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ブリリアントシルバー(M)

こちらのシルバーも比較的明るい色をした印象になっています。

ただ明るすぎずクールな感じを醸し出す色合いで、老若男女に受け入れらる落ち着いた印象を与えてくれるのが特徴です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ダークメタルグレー(M)

名前がダークとついているので暗い感じのカラーと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

どちらかというとシルバー寄りに近いグレーをしています。

他の明るいカラーと違って、一番飽きのこないカラーだと思います。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

ダイヤモンドブラック(P)

ホワイト同様、定番カラーのブラック。

こちらもパール系のブラックになるため日に当たる部分はキラキラと輝き、上品さが滲み出しているカラーです。

とても美しい色合いをしています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

バーニングレッド

こちらはガーネットレッドと違いソリッド系のカラーをしています。

鮮やかなレッドからはアクティブでスポーティな印象を感じられます。

少し落ち着いた感じが好みの方はガーネットレッド、アクティブな感じが好みの方はバーニングレッドとそれぞれの印象から選べます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

チタニウムカーキ(PM)

このチタニウムカーキが12色の中で一番落ち着いた色合いをしているのではないでしょうか。

色っぽいダークグリーンが山奥の深緑をイメージさせるカラーです。

上品なカラーで、特に大人の男性に似合うカラーになっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】人気カラー

それぞれのカラーをご紹介してきましたが、続いては人気カラーを見ていきたいと思います。

その前にオプションカラーとして用意されているカラーには追加料金がかかります。

オプションカラー 追加料金+43,200円

  • ダイヤモンドブラックパール
  • ブリリアントホワイトパール
  • チタニウムカーキ
  • ギャラクシーゴールド

オプションカラー 追加料金+54,000円

  • ガーネットレッド
  • プレミアムコロナオレンジパールメタリック
  • インペリアルアンバー

 

結構な追加料金が必要なんですね。 では、人気カラーはというと・・・


1位 ダイヤモンドブラックパール 
2位 ブリリアントホワイトパール
3位 バーニングレッド

追加料金が43,200円と高額であるにもかかわらず、不動の人気を誇るブラック、ホワイトが1位、2位という結果です。
やはり全車的に共通の傾向になっていますね。

またブラック、ホワイトは乗り換えなどで売り出す際、リセールバリューが一番良いのも影響しているのではないでしょうか。

ちなみに4位以降上位はアクティブなX-TRAILにピッタリの比較的明るいカラーがランクインしていて、

その中でもプレミアムコロナオレンジはX-TRAILのイメージカラーで、日産が推しているカラーでもあります。

その印象の強さに選択される人も多いようです。

上位を明るいカラーが占めていることから比較的若いオーナーが多いようですが、

明るいカラーも上品な色合いなので50~60代のアウトドア好きの男性には好評のようです。

女性に人気のカラーとしてはやはりホワイトやレッド系の落ち着いた上品な色合いが人気です。

人気の低かったカラーとしてチタニウムカーキやオリーブグリーンなどは特徴が強すぎて敬遠されてしまっているのかもしれませんね。

皆さんのお好きなカラーや挑戦してみたいカラーは見つかりましたか?

購入される際には是非実車でカラーを確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】手入れによる維持方法

X-TRAILの塗装には日産のスクラッチシールドという技術が全色で施されています。

これは世界初の技術で、洗車による擦り傷や日常的につけてしまったひっかき傷程度であれば、時間とともにほぼ元の状態に復元されるというものです。

そんな特別な塗装が施されていますが、日々の手入れをしないと綺麗な状態は保てません。
せっかくなら自慢の愛車を綺麗な状態を保ちたいですよね。

そこでお手入れによる維持方法をご紹介したいと思います。

洗車による手入れ方法

皆さんも車を持っていたら洗車をする方が大半だと思いますが、洗車時の注意点としてまずは天候です。

洗車に適した天候はずばり曇りの日です。

良く晴れた日で気温が高い日だと車体にかかった水がすぐに蒸発してしまい、塗装にシミを作る原因となってしまう恐れがあるからです。

また、洗車の順番としては、

  1. ホイールを洗う
  2. ボディの上部から洗う

を守るようにしましょう。


ホイールをまず洗い、たっぷり水洗いで車体についた砂ぼこりなどを流してから、ボディの上部から洗うようにすることをおすすめします。

理由としては、ホイールは汚れが車体に比べて一番多い部分になり、そこから先に洗うことで、車体に汚れが飛び散ることを防ぐためです。

そしてボディ上部から洗うことで、常に水が流れるようにし、自然乾燥を防ぎシミがつくことを防止します。

そして綺麗なクロスで優しく拭き上げていきます。

ここで強くこすって拭いてしまうと風によって付着したほこりなどで傷をつけてしまうので、注意が必要です。

洗車に便利なおすすめお手入れグッズ

洗車以外で綺麗な車体を維持するのにおすすめのグッズをご紹介します。

特に車体を綺麗に保つために欠かせないのがコーティング剤です。


その中でもスプレー式の液体タイプのワックスは自分でも簡単に使用できるのでおすすめです。

使用方法は洗車をした綺麗な状態の車体に吹き付け、拭き上げるだけです。

ツヤは固形式の物に比べるとやや劣りますが、手軽に使用できる点から、こまめに洗車する方におすすめです。

ガラスコーティングも検討しよう


もっと本格的な方法としてはガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティングの場合、専門の業者などに施工してもらわなければいけませんが、耐久性と汚れの付きやすさは上記に比べると断然に違います。

一度施工するだけで、物にもよりますが大体3年ほどは効果が持続します。

ただし洗車を全くしなくてもいいというわけではなく、汚れが簡単に落とせるようになり、こまめに洗車すればほぼ水洗いだけでも綺麗な状態を維持できるようになります。

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク