【日産X-TRAIL】VS【マツダCX-5】比較

日産X-TRAILの購入を検討するにあたっては、位置付けとして近しい別メーカーの車種と比較することになるでしょう。

そのひとつがマツダCX-5です。

エクストレイルにはガソリン車とハイブリッド車

CX-5にはガソリン車とクリーンディーゼル搭載モデル

があります。

この記事では、特にガソリン車を購入する上で必須となる日産X-TRAIL、マツダCX-5のそれぞれについて、いろいろな観点から比較していきましょう。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】VS【マツダCX-5】価格比較

日産X-TRAILのラインナップとしては、ガソリン車とハイブリッド車とがあります。
そして、それぞれ2WD、4WDがあります。

もちろんグレードに関しても「20S」、「20X」などといったグレードがあります。

マツダCX-5にはガソリン車とクリーンディーゼル搭載モデルがあります。
そして、それぞれ2WDと4WDがあります。

そしてやはり、グレードもさまざまです。

いずれの車種を購入するにしてもグレードによって価格が異なるため、一概に比較することができるというものではありません。

日産X-TRAILのラインナップと購入シミュレーション


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産X-TRAILのラインナップにおいて、もっとも販売価格が安価に設定されているモデルは「20Sの2WD」です。

メーカー希望小売価格は2,197,800円となっています。

一方、高額なものでは「モード・プレミア i HYBRIDハイコントラストインテリア」というモデルがあります。

4WDのハイブリッド車であり、販売価格は3,844,800円です。

20Sを購入する場合で見積もると、ボディカラーにガーネットレッドを選択すればプラス54,000円となります。

メーカーオプションやディーラーオプションをつけないとすると、合計して車体そのものの値段は2,251,800円です。

それに税金などの諸費用として198,189円が加算され、合計すると2,449,989円となります。

マツダCX-5のラインナップと購入シミュレーション


引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

マツダCX-5のラインナップにおいて、もっとも安価な販売価格が設定されているモデルは「20S」です。

ガソリン車の2WDであり、値段は2,494,800円となっています。

一方、ハイグレードの「XD L Package」に関してはディーゼルエンジンが搭載された4WDで3,526,200円です。

20Sを購入する場合で見積もり、ボディカラーにディープクリスタルブルーマイカを選択するとします。

メーカーセットオプションとショップオプションをつけなければ、合計で車両の価格が2,494,800円です。

税金などの諸費用は234,040円となり、合計すると2,728,840円となります。

日産X-TRAILとマツダCX-5の価格

日産X-TRAILとマツダCX-5、どちらの車種についても安価なグレードをピックアップして購入にあたっての見積もりをすると、

諸費用込みで日産X-TRAILが28万円程度安いという結果になりました。

比較したモデルは、どっちもガソリン車で2WDです。

ガソリン車の2WDを購入するにあたっては、エクストレイルの方がより低予算で購入することができるということになります。

ただし「4WDにしたい」「ハイブリッドにしたい」などといった希望を前提とすればまた事情は異なります。

ハイグレードのモデルとなれば、それだけの予算も見込まなければなりません。

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】VS【マツダCX-5】大きさ比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産X-TRAILとマツダCX-5を車体の大きさで比較してみます。

何と言っても車のサイズは運転のしやすさ、乗り心地の良さにかかわるものです。

車体が大きいと運転には気を遣わなければならないものの、車内のスペースが広いことで乗り心地は良いものとなります。
それに、荷物も大量に積むことが可能です。

比較する上では客観的な寸法の数字だけでなく、実際に乗っての感想なども参考になります。

日産X-TRAILとマツダCX-5の車体寸法

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/4wd/

日産X-TRAILとマツダCX-5の車体寸法を比較すると、

日産X-TRAIL(エクストレイル)

  • 長さ:4,640mm
  • 幅:1,820mm
  • 高さ:1,715mm

 

マツダCX-5

  • 長さ:4,545mm
  • 幅:1,840mm
  • 高さ:1,690mm

X-TRAILの方が少しだけ横幅は狭く、車高が高くなっています。

マツダCX-5は、見た感じで実際の数値以上にX-TRAILよりも車高が低く見えるところもあるでしょう。

日産X-TRAILの体感されるサイズ感

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日本の道路は総じて狭く、駐車場についても制限されるところがあるため車体は幅が1,800mm以下であれば扱いやすいとされています。

X-TRAILの車幅は1,820mmであり、それを上回るサイズです。

とは言ってもわずかな違いであり、実際にはよほど狭い道を走るようなことがない限りは困らない程度です。

実は旧型のX-TRAILに比べ、新型は全体的に寸法が大きくなっています。

幅は1,790mmから1,820mmへとサイズアップしています。

扱いやすさで言うと旧型に分があるということになりますが、車内の幅は旧型の1,450mmに対して新型が1,535mmとなっています。

幅が広いだけ車内は広くゆとりがあり、快適に過ごすことが可能です。

マツダCX-5の体感されるサイズ感

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

マツダCX-5は、新型の車高が旧型と比べて15mm低くなった以外サイズが変化していません。

元より横幅が1,840mmという広いサイズであるため、実際の寸法よりも高さは低く見えるところがあります。

エクストレイルよりもさらに広い横幅ではありますが、こちらも運転に困るほどではありません。

一般的な道幅であればUターンするにも問題はありませんし、一般的な大きさの駐車場にも停めることができます。

ただし商業施設の立体駐車場などの場合、駐車枠が狭く設けられている場合もあるので、真ん中に停めたとしても隣の車との隙間がほとんどないといった状況になり得ます。

もしも駐車に自信がないということであれば、スペースに余裕がない駐車場は利用しない方が良いかもしれません

それに代えて車内の広さ、乗り心地の良さというメリットがありますね。

マツダCX-5 YouTube動画

スポンサードリンク

【日産X-TRAIL】VS【マツダCX-5】燃費比較

燃費は正式には「燃料消費率」と言い、1リットルのガソリンで車が何kmを走ることができるのかという数値です。
この値は、単純に示すことができません。

車の走行は気象状況による影響を受けるものですし、渋滞にも左右されるところがあります。

ですから厳密な数値は、さまざまな条件のもとで走行して測定することによって理論上ではなく現実的な値へ近づけることができるのです。

測定方法としては「JC08モード」というものが主流でしたが、昨今では「WLTCモード」による表示への移行が進展しつつあります。

WLTCモードは「市街地モード」に「郊外モード」、「高速道路モード」という3つの走行モードで構成されているものです。

それも関係してかマツダCX-5に関してはJC08モード、WLTCモードのいずれも仕様として数値が併記されています。

X-TRAILについてはJC08モードの数値だけを確認することができるため、どっちの燃費が良いかを比較するにあたってはJC08モードに注目しましょう。

日産X-TRAILの燃費ECOモード

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産X-TRAILの燃費は、

ガソリン車の2WDで16.4km、4WDで16.0kmです。

ハイブリッド車に関しては2WDが20.8km、4WDは20.0kmとなっています。

「ECOモードスイッチ」を押すことで「スムース発進アシスト」、「スマートレブコントロール」などといった機能が有効になり燃料効率が高まります。

マツダCX-5の燃費

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/economy/?link_id=sbnv

マツダCX-5の燃費については、各モードによってそれぞれ違いがあります。

JC08モード

  • 2WDで1リットルあたり14.8kmから16.0km
  • 4WDでは14.2km

となっていて、2WDの燃費に幅があることはグレードによる違いということになります。

一例として20Sでは16.0km、25S L PACKAGEでは14.8kmといった具合です。

クリーンディーゼルエンジン車

  • 2WDが19.0km
  • 4WDが18.0km

となっています。

WLTCモード

  • ガソリンエンジンの2WDが13.8kmから14.6km
  • 4WDが13.0km
  • クリーンディーゼルエンジン車では2WDと4WDがそれぞれ17.4kmと16.6kmです。

より具体的に言うと、たとえばガソリン車の2WDで市街地モードが10.8kmから11.9km、郊外モードが14.3kmから15.1kmで高速道路モードは15.7kmから16.2kmとなっています。

日産X-TRAILとマツダCX-5の燃費比較

2WDのガソリン車に関してJC08モードで比較すると、

  • エクストレイルの燃費はリッターあたり16.4km
  • マツダ・CX-5の20Sが16.0kmです。

X-TRAILの方が若干、燃費が良いと言うことができるでしょう。

【日産X-TRAIL】が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ

SUVブームの火付け役のX-TRAILがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「X-TRAILだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはX-TRAILなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、
X-TRAILという車はそうじゃない!

X-TRAILにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、
レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、
ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。
いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!
なんと、欲しかったグレードの車が70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!
最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!
あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク